ソーラーパネルで発電した電力をバス停内部の蓄電池に一旦充電し、夜になるとLEDにより表示板を発行させます。
点灯は照度センサーによる日没検出、消灯はタイマーによる制御にて終バス後の自動消灯や深夜バスの運行にも対応可能です。

太陽電池 種類 単結晶シリコン
出力 70W
変換効率 15.6%
点灯部 種類 高輝度LED
消費電力 15W
畜電池 容量 35Ah
不日照対応日数 3日
回路 制御方法 タイマー制御
照度センサーにてON/OFF
(既存の照度センサーを流用)